筋トレウェアにおけるインナーの役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年筋トレが男女ともに盛んになってきており、トレーニングのための設備などの環境も充実していますが、自分にあった筋トレウェア、特にインナーウェアにも注意を払う必要があります。
インナーウェアとして最も重要とするところは、吸湿性と速乾性を両立しているかどうかです。激しいトレーニングを行うわけですから当然大量の汗をかきます。汗を吸って、すぐに乾燥するインナーウェアでないと体にベタベタまとわりついて集中できなくなりトレーニングの妨げになりますし、滴った汗が床に溜まってしまい滑って怪我をする原因ともなります。また、汗が体にまとわりついた状態では、新たに汗をかくことができなくなります。そのためかいた汗をすぐに吸収してまた新たに汗を流すことができるインナーウェアが望ましいです。
そして伸縮性についても忘れることはできません、トレーニングでは体を思う存分動かしますので伸縮性に乏しいと体を締め付けてしまい自由に動くことができません。また、インナーウェアは、普段着用している服よりもサイズ表記は同じでも小さく作られていることが多いので、サイズ表記よりも実際に来てみて体にフィットするものを選ぶと良いです。先にいった吸湿性と合わせて体にフィットして吸湿性が良く、自由に動けるくらいの伸縮性を持ったインナーウェアを選ぶのが良いでしょう。

使用されている素材について

上に述べたものはトレーニングウェア全体にも言えることで、インナーウェアに必要な性能にはほかに2つ重要なことがあります。
1つ目は耐久性に優れているかどうかです。トレーニングの際には激しく体を動かしますので筋トレウェアの中でインナーは摩擦を常に受け続けています。筋トレウェアとしては良い性能をもっている素材でも中には摩擦に弱い素材というのも存在しますので、摩擦に強い頑丈な素材というのも選択に加えられる要素の一つになります。
2つ目はリーズナブルな素材かどうかです。いくら摩擦に強い素材を使用したとしてもインナーウェアは消耗品ですのでこまめに買い換える必要があります。いくら性能が良くても高価なインナーウェアでは値段が高いとお財布へのダメージは深刻なものとなり、結果的にトレーニングに支障をきたす原因ともなります。また、トレーニングでは汗をかきますので頻繁なインナーウェアの交換が必要になります。何着も持ち歩くという点でもリーズナブルな素材というのが一番重要です。
これら2つの条件を満たす素材としてはポリエステル系の素材が挙げられます。ポリエステルは摩擦などの熱に強い素材で、リーズナブルでもありますのでインナーウェア選びに迷ったらとりあえずポリエステルを選ぶのも一つの方法です。

信用できるサイトの選び方

近所に専門のスポーツショップがある地域では不自由しませんが、そういったお店がない場合では通販サイトでの購入が便利です。通販サイトを選ぶ目安としては自分のトレーニングにあった筋トレウェアを扱っているかどうか、おしゃれを気にする人はデザインが豊富に揃っているかを基準に選ぶと良いでしょう。通販サイトによって取り扱っているスポーツウェアの種類や使用目的は異なっていますので予めホームページで事前にチェックしてからの購入をおすすめします。

ピックアップ記事

筋トレウェアにおけるインナーの役割

近年筋トレが男女ともに盛んになってきており、トレーニングのための設備などの環境も充実していますが、自分にあった筋トレウェア、特にインナーウェアにも注意を払う必要があります。インナーウェアとして最も重要...

最適な筋トレウェアの選び方

筋トレウェアとしてふさわしい格好というものは、それぞれの体型や身体能力によって違いますので一概には言えませんが、少なくともデニムのような動きにくい服装であってはいけません。基本としては自分が動きやすい...

筋トレウェアの選び方について

筋トレウェアを選ぶ際にはつい他人の目が気になってしまって、デザインから選ぶ方も多いですが、ウェアを選ぶ際にはまず機能性から選ぶことが大切です。どんなにデザインが良くても動きづらい服装だとトレーニングに...