最適な筋トレウェアの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレウェアとしてふさわしい格好というものは、それぞれの体型や身体能力によって違いますので一概には言えませんが、少なくともデニムのような動きにくい服装であってはいけません。基本としては自分が動きやすいと思える格好で行うのがベストでしょう。それにゆったりした服装が動きやすいと言ってもあまり幅広いものはジムの機械に挟まってしまうなどトラブルが考えられますのでおすすめできません。
その組み合わせで行けばTシャツとハーフパンツですと動きを阻害しませんし、素材を吟味すれば吸湿性や伸縮性にも優れていますのでおすすめです。これにジム用シューズを組み合わせるのですが、レンタルする場合はその都度お金がかかってしまいます。ジムに通う費用にプラスしてレンタル料金がかかってしまうと、お財布にも後々大きな打撃となって帰ってきますので継続的にジム通いをされる場合にはマイシューズを持参しておくのがおすすめです。

筋トレウェアに必要な機能

筋トレウェアを選ぶ際には自分のサイズにあったものを選ぶのはもちろんですが、関節の曲げ伸ばしを頻繁に行うので素材の伸縮性や大量に汗をかきますので速乾性のものをおすすめします。汗に濡れてぐっしょりとなった筋トレウェアですと、動きを阻害しますし気分も下がります。筋トレを行う際には、なるべく筋トレ以外のことで気が散るような服装を避けたほうが良いです。ですのでなるべく軽装で動きの妨げにならない服装をおすすめします。

初心者にはおすすめできない筋トレウェア

上記の要領に従って筋トレウェアを選べば大抵の運動には適合しますが、初心者の場合にはどうしても周りの目が気になって集中できない場合があります。ですのでデザイン的に奇抜なものは避けるようにしましょう。周りに見てもらいたいというのであれば構いませんが、みられることで萎縮してしまうことも多々ありますので、派手目なものは避けて落ち着いた色合いにすると良いでしょう。
また、上級者で体ができあがっている場合はコンプレッションウェアでも恥ずかしくありませんが、これからお腹を引っ込めようとか筋肉をつけようと思っている場合には残念な体型が浮き彫りになってしまうのでおすすめしづらいです。しかし、逆に体のラインをわざと見せることによって筋トレを行うためのテンションが上がり、却って筋トレに励む場合もありますので一概に悪いとは言えません。これについては個人の嗜好とも言えるでしょう。