コンプレッションウェアの筋トレウェアが恥ずかしい方には重ね着がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレウェアでは体型にぴったりと合うコンプレッションウェアがいいでしょう。コンプレッションウェアを着ると、筋肉の疲労を軽減させたり、体の汗をすぐに吸収して拡散させるという様々なメリットがありますが、筋トレを始めたばかりの方にとっては見た目が問題になります。ただ、コンプレッションウェア自体は筋トレウェアとしては理想的なものですので、上から重ね着をして体型がわからないようにすればコンプレックスも気にならないでしょう。スポーツジムの中で筋トレを行う場合は空調が来ていますので基本的にはどの袖の長さでも問題ないですが、すぐに汗をかいてしまいますので半袖のTシャツをおすすめします。

パンツはハーフパンツが一番無難

パンツもコンプレッションタイプのものがありますが見た目にも様になりますので重ね着をおすすめします。バギーパンツやヨガパンツなど様々な形のパンツがありますが筋トレウェアとしてはハーフパンツをおすすめします。
ハーフパンツでしたらどんなトレーニングにも対応できますし、幅の広いパンツですとトレーニング機器に引っかかってしまい、怪我の恐れがあります。基本的には上に重ねるのはハーフパンツを主体にしてトレーニングやその日の気分によって七分丈などを着回してください。最低でもハーフパンツ1枚あれば大抵のトレーニングに対応できます。

シューズ選びは慎重に行う

あと、重ね着とは多少異なりますが足元は必ず靴下とシューズを着用してください。なぜなら筋トレの際に最も負荷がかかるのが足できちんとしたシューズを履かないと足への負担が激しいだけでなく、足を怪我する原因にもなります。そういった意味ではシューズも立派な筋トレウェアなのです。
シューズだったらスニーカーで大丈夫と思いがちですが、室内でのトレーニングのために開発されたトレーニングシューズはスニーカーと比べて動き安さや滑りにくさが格段に違いますのでジム専用のフィットネスシューズを購入してください。
基本筋トレウェアは通販で揃えることができますが、シューズだけは試着して足にフィットしたものを使用してください。ジムでのトレーニングは多くの場合足腰を使いますので、サイズ選びを間違えてしまうとトレーニングに集中できなくなります。個人差はありますが朝の足の大きさに比べて夜の足は5%大きくなっていますので試着する際には夕方に行うと良いでしょう。

ピックアップ記事

筋トレウェアにおけるインナーの役割

近年筋トレが男女ともに盛んになってきており、トレーニングのための設備などの環境も充実していますが、自分にあった筋トレウェア、特にインナーウェアにも注意を払う必要があります。インナーウェアとして最も重要...

最適な筋トレウェアの選び方

筋トレウェアとしてふさわしい格好というものは、それぞれの体型や身体能力によって違いますので一概には言えませんが、少なくともデニムのような動きにくい服装であってはいけません。基本としては自分が動きやすい...

筋トレウェアの選び方について

筋トレウェアを選ぶ際にはつい他人の目が気になってしまって、デザインから選ぶ方も多いですが、ウェアを選ぶ際にはまず機能性から選ぶことが大切です。どんなにデザインが良くても動きづらい服装だとトレーニングに...